高精度赤外線調査について

赤外線調査法とは、撮影対象物の表面温度を、サーモグラフィー(赤外線カメラ)で測定し、浮き・剥離部分を推定する非破壊検査手法です
外壁タイル面等の仕上げ材が太陽の放射熱等によって緩められると、健全部分では、仕上げ材表面からの熱がスムーズにコンクリート等 の躯体に伝達されます。しかし、浮き・剥離部分では、仕上げ材とコンクリート等の躯体の間に、熱伝導率が低い空気層が介在しているため、 熱が逃げにくく健全部に比べて仕上げ材の表面温度が高くなります。

【浮き・剥離部分】

仕上げタイル(モルタル)と、コン クリート等の躯体の間に、浮き・ 剥離が発生している場合、不良 導体である空気層の介在により、 熱が伝達しにくく、周辺の健全部分と比べて、表面温度に差異が生じます。

この表面温度の差異をサーモグラフィー(赤外線カメラ)で測定し、赤外線画像を解析することで、浮き・剥離部分を検出します。
浮き・剥離イメージ図

【躯体内爆裂部分】

コンクリート躯体表面のひび割れ等から侵入した水分等により、躯体 内の鉄筋が酸化(サビ)することによって発生するコンクリート躯体の爆裂現象が発生している場合、不良導体である空気層の介在により、熱が伝達しにくく、周辺の健全部分と比べて、表面温度に差異が生じます。

この表面温度の差異をサーモグ ラフィー(赤外線カメラ)で測定し、赤外線画像を解析することで、爆裂部分を検出します。
躯体内爆裂イメージ図

赤外線解析と打診(従来方法)との比較

1. 赤外線データ解析画像

1. 赤外線データ解析画像
: 浮き・剥離の可能性指摘部分
: 打診比較調査実施箇所

2. 可視画像(肉眼で見える画像)

2. 可視画像(肉眼で見える画像)

3. 赤外線データ解析による指摘部分を建物に青色でマーキング

3. 赤外線データ解析による指摘部分を建物に青色でマーキング

4. 打診により浮き・剥離を検出した部分に赤色でマーキング

4. 打診により浮き・剥離を検出した部分に赤色でマーキング

【 使用上、赤外線調査が有効な建物 】 ※下記の場合でも状況により調査できない場合があります

1. タイル・石貼り等(乾式工法によるものを除く)、モルタル等
の外壁
2. PC版やRC造の爆裂部分
3. 低層棟と高層棟の組み合わせ
4. 円形等の形状が特殊な建物
5. 乳幼児・児童・高齢者の利用が多く、出入りの激しい建物
6. 足場を組む事により、プライバシーの心配や、犯罪のリスクが高まる建物
7. 壁際の植栽等で足場を組むスペースに問題がある建物
解析 Thermography professional, centralized analyzing system, human speciality resource
解析画像

高精度赤外線サーモグラフィーFLI620BH

世界最大の赤外線カメラ専門メーカーFLIR社日本法人、フリアーシステムズジャパン株式会社との技術協力により開発したカメラシステムです。判定値は熱画像として記録・保存・再生できます。 温度の差だけでなく、その場で分かりやすく見えるようにカスタマイズされています。

高精度赤外線サーモグラフィーFLI620BH
調査の様子
調査事例
可視画像
赤外線画像
調査費用:お打ち合わせによりお見積いたします