高精度赤外線調査をご存知ですか?

定期報告制度の改定

建築基準法第12条に基づく特殊建築物等定期報告制度が平成20年4月1日以降見直され、ご所有の建物が竣工・改修から10年を経る場合に、外壁の調査・報告が義務づけられました。

目に見えない外壁の劣化

築年数を経た外壁は見た目には分からない外壁の浮きや剥離が生じている場合があります。そのままにしておくと、雨水の侵入や振動の影響で劣化や落下を起こす場合がございます。思わぬ修繕費用や落下による万が一の人身事故が起こる前に、是非予防を。

外壁調査には赤外線をお勧めします!
赤外線調査とは
赤外線調査のメリット 従来方法と比べて安全、短期間かつ低コストでの調査がかのうになります。

スピーディ

●建物周囲からの撮影の為、足場等の設置・撤去に要する工期が不要

●撮影後は、解析センターにてデータ解析の為、建物周囲での調査は短期間

安全で低コスト

●足場やゴンドラ不要

●高所作業がないので安全

●安全対策や交通整理が不要

●騒音・振動がない

定期報告に対応

●建物周囲からの撮影の為、足場等の設置・撤去に要する工期が不要

●建物周囲からの撮影の為、足場等の設置・撤去に要する工期が不要

●建物周囲からの撮影の為、足場等の設置・撤去に要する工期が不要

プライバシーの侵害や建物外観への影響なし

●建物周囲からの撮影の為、足場等の設置・撤去に要する工期が不要

現在、調査依頼急増中!行政らの受注実績

さいたま市 中学校 5校/我孫子市 市民体育館/横浜市 小・中学校 5校/千葉市 千葉県青少年女性会館

詳細な実績はこちらから
「高精度」赤外線調査の流れ
  • お問い合わせ 費用や工期など、疑問に思われる事は何でも
    まずはお気軽にお問い合わせください。
  • お見積り 頂きました内容を元に、まずは無料でお見積を致します。お見積内容に問題ないようでしたら、ご契約を頂き、調査日時をお打ち合わせさせていただきます。
  • 撮影 赤外線カメラを利用し、熱画像を撮影するとともに、デジタルカメラにより可視画像を撮影します。
  • 解析 撮影対象面ごとに、手の届く範囲の浮き・剥離部分を打診により確認し、その部分をサンプリングしたデータをもとに解析します。
  • 解析結果 複数の解析ソフトウェア、解析ツールにより抽出した表面温度の差異を基に、異常と思われる箇所を指摘します。集中解析センターの専任技術者チームが解析業務を実施。